戸籍謄本と戸籍抄本の違いはなんでしょうか?

戸籍謄本とは?
戸籍内に記載されている全ての内容つまり「戸籍に記載されている全員の情報」を写したものを戸籍謄本といいます。戸籍がコンピューター化されている場合は「戸籍全部事項証明書」といいます。

*今現在、全国の役所にて戸籍のコンピューター化が進められており、厳密に言うと戸籍謄本ではなく、戸籍全部事項証明書とされている場合が多いですが、本HPでは、基本的に戸籍謄本という名称で説明してまいります。

様々な申請などで、戸籍謄本や抄本を要求されることもあるかと思います。謄本と抄本のどっちを取っていいか分からなくなったときは、とりあえず謄本をとっておけば問題ありません。

戸籍抄本とは?
戸籍抄本とは、戸籍謄本の一部を抜き出したもので、「戸籍に記載されている一部の人の情報」ということになります。戸籍に記載されている1人についての情報だけを取得したいときは、戸籍抄本を取得することになります。 なお、戸籍抄本についても戸籍謄本と同じように、正式な名称が違ってきます。コンピュータ化された戸籍の場合は戸籍抄本を「個人事項証明書」といわれます。



戸籍謄本と戸籍抄本の違いについては以上のように“全部記載されている”か“一部だけ記載されているか"というところが違うだけです。 そして、上記でも説明をしていますが、現在では多くの自治体の戸籍がコンピュータ化されていますので正式名称として「戸籍謄本」「戸籍抄本」と呼ぶところはほとんどありません。 しかし、現在でも実務上で戸籍謄本、戸籍抄本と言いますし、一般の人の間でもそのように呼ばれていると思います。 各役所の窓口の職員さんも窓口に来た人に対して「戸籍全部事項証明書」なんてことは言わないと思います。やはり現在でも通称として「戸籍謄本」「戸籍抄本」と呼ばれることがほとんどだと思って構わないでしょう。




戸籍の名前を変えることに興味がある方はこちらをクリック!



スポンサードリンク



戸籍の知識が必須になる相続の本紹介



本書の内容
普段はあまり意識しない法律について否が応でも意識することになる、相続手続きについて著者の税理士が分かりやすく解説しています。

相続といえばあまり難しいという意識を持っている人もいないのではないでしょうか?ですがかんたんに処理できそうで、できないのが遺産相続です。その遺産相続手続きや相続税の節税の知識と段取りから、死亡届から葬儀の手配、遺産相続の決まりごと、生前に自分の意思で財産を分ける遺言書、遺産分割協議など大きく6つの流れでまとめられています。

また「届出書・確定申告書」の記入例も付いています。

相続といえば、行政書士や司法書士などの専門家に依頼する場合も多いと思いますが、本書を読んで自分達で全ての手続きをしてみるのも良いでしょう。

相続に関しては必ず、「相続税」が発生すると思っていらっしゃる方もいるようですが、相続税というのは必ず発生するものではないんですね。相続税がどのような場合に発生してどのような場合に発生しないのかも本書を読んできちんと学んでおいて損はないでしょう。
実際に相続税がかかるのは相続発生件数全体の2〜4%なんです。意外と低い数値でびっくりした方もいらっしゃるのではないでしょうか?しかし、相続財産が多い方はきちんと勉強しておいて損はないです。

著者略歴
三瓶 憲允
三瓶憲允税理士事務所所長。
1947年千葉県生まれ。
1973年高千穂商科大学経営学科卒業。
1975年駒澤大学大学院商学研究科修士課程修了
1978年東洋大学大学院法学研究科修士課程修了
中西勉公認会計士事務所に勤務するかたわら1981年に税理士登録。
1986年神奈川県横浜市に三瓶憲允税理士事務所を開業。
東京地方税理士会緑支部臨税対策特別委員長
(社)みどり青色申告会副会長。
法人会や青色申告会の講習会などの講師としても活躍。
日常は法人・個人の決算、税務申告、相続申告、個人確定申告などをこなし、事業者には経営の分析・計画・合理化の指導をしている。とくに個人事業者の煩雑な経理処理を簡便化し合理化するとともに節税などのアイデアを提案。現在、誰でも簡単にかつ気軽に経理から税務申告まで処理ができる「コインタックス」に取り組んでいる。また、小規模事業者のために専門各士業で構成する『ちっちゃいもの倶楽部』を主催する

外邨 信一
1962年横浜市生まれ。
外邨信一税理士事務所所長。
1993年拓殖大学大学院経済学研究科博士前期課程修了。
東京都渋谷区にある会計事務所に8年間勤務するかたわら99年税理士登録。
01年横浜市で独立開業。
現在、東京地方税理士会緑支部第2税務指導対策部副部長、青色申告会の講習会で講師をつとめる。『ちっちゃいもの倶楽部』メンバー



スポンサードリンク