住民票の除票とは?

住民票の除票とは、住民票が存在する市町村から、他の市町村へ引越しをしたとき、死亡したときに、元住所地・死亡時の住所地で作成されるものです。

なぜそのようなものが必要なのでしょうか?それはやはりその住所地から転出したり死亡したからといってもすぐに記録が無くなるというのは問題があるでしょうから除票という形で残すのではないかと思われます。 しかし、そうはいってもずっと保存していては役所の保存能力もパンクしてしまうと思いますのでその保存期間は5年とされています。

この住民票の除票も、通常の住民票と同じように世帯全員の写しでも取得することができますし、世帯の中の一部の写しでも取得可能です。

この住民票の除票には、転出先も記載されているので、住民票の除票を取得すれば引越し先が分かることになります。 しかし、法律の建前上としては、誰でも交付請求ができるのですが、実際には同居の世帯員など以外の他人の住民票や除票を請求するには、正当な理由を示す必要があります。 やはり、住民票とはいえ本籍を調べることも可能な公的な書類なのである程度取得に制限をかけることは当然といえます。

とはいえ、住民票の除票で確認できるのは転出先だけですので、そこから更に転出している場合は当然一か所の役所から住民票の除票を取得するだけでは新しい住所は確認できません。

例えば、次のような場合です。
市 → B市 → C市
以上のように住所を変えている場合に、A市で住民票の除票を取得してもB市までしか分からないのです。C市を確認しようと思えばわざわざB市でまた住民票の除票を取得しなければなりません。

そこで、住所を確認する場合は住民票の除票に「戸籍の附票」を組み合わせて利用することになります。 住民票の除票には本籍地も記載されていますので、本籍地で戸籍の附票を取得するわけです。そうすると戸籍の附票には住所の移転がすべて記録されているので現住所まで確認できるというわけです。
不正な除票の取得などは絶対に行わないようにしましょう。

住民票の除票の取得

住民票の除票を取得する場所は、住民票の除票がある役所です。例えば、 A市 → B市 というように住所を移転している場合はA市に住民票の除票があることになります。

住民票の除票の取得に必要な書類等は以下のとおりです。
・申請書・・・・・役所の窓口に備え付けてあります。
・身分証明書・・・・・運転免許証、パスポート、健康保険証等

・印鑑・・・・・認印で構いません。

・手数料・・・・・300円程度(自治体によって違うこともあります。)




スポンサードリンク